たるみは老け顔につながる最大要因。美容外科で改善しよう

リフトアップ

化粧水を塗りこむ

顔のたるみは、老け顔に見えたり、顔が大きく見えたりする原因になります。
顔のたるみに悩んでいる人は、美容外科でリフトアップの施術を受けることをオススメします。
リフトアップとは、顔のたるんだ皮膚を外科的処置によって引き上げ、たるみを改善する施術です。外科的処置の方法は、大きく2つに分けることができます。それは、メスを使って切開する方法と、メスを使わず糸を通して引き上げる方法の2種類です。
それぞれに特徴やメリットがあるため、どちらがより良いと断言することはできません。美容外科で医師のカウンセリングを受け、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

メスで切開するリフトアップ術は、効果が長続きしやすいのが特徴です。体質にもよりますが、ほぼ半永久的にたるみを除去することができると言われています。
また、メスで切開する場合は、皮膚の下の余分な脂肪を除去することができます。皮下脂肪が少なくなって軽くなれば、皮膚が重力に従って下がりにくくなるので、たるみが解消できるというわけです。

一方、糸を使ったリフトアップの特徴は、その手軽さと安心感です。メスで皮膚を切らないので、傷跡が残ることはなく、日常生活に支障もありません。
耳の下から頬にかけて糸を通し、骨膜に留め付けることによって、頬のたるみをキュッと引き上げることができます。
なお、近年では、従来のリフトアップを応用した、フェイスアップという方法も登場しています。これも、糸によってたるみを引き上げる施術ですが、顔の正面、頬、フェイスラインなど、様々な部分のたるみを引き上げられるのが特徴です。そのため、顔全体の引き締め効果や小顔効果が得られます。
また、フェイスアップでは、時間経過と共に溶けてなくなる特殊な線維が使われます。しかも、溶ける過程でコラーゲンが生成されるため、肌の内側からツヤやハリを与えることができます。